特別企画 みんなのギモン プロに聞いてきました! 第4回 いいショットをするには

特別企画 みんなのギモン プロに聞いてきました! 第4回 いいショットをするには


UPDATE:

ゴルフに関するみんなのギモンを、木村美耶がインタビュアーになって、時任宏治プロに聞いてきました。前回、「あるある」ミスショットについて原因をプロに教わった美耶ちゃん。今回は「いいショット」をするためのポイントを聞いてきました!

みんなのギモン「いいショットをするには」

  • 「いいショット」スイングのポイントとは?
  • ボールの「前」のターフが取れるようなスイングの練習方法は?

「いいショット」スイングのポイントをおさえる

木村前回、「ボールに対してどういった力を加えればいいショットになるか」という観点で、アイアンショットを分析しましたけど、実際どういうスイングをすればいいんですか?
ユーザーからいただいた質問では、「ベタ足にすればいいのか」「体重移動がうまくいっていないからダメなのでは」などなど、割と具体的なことをおっしゃっている方も多いです。

時任プロそうですね、確かにポイントはありますが、「ここを直せばOK!」というのがひとつではなくて、いろいろなポイントを全ておさえることでいいショットになるんですよ。すべてのポイントがそれぞれと連動しているというか。

木村なるほど!前回も「体重移動、コッキングやテークバックの方向などなど、いろいろなポイントが必要」っておっしゃってましたね!

時任プロそういうことです。前提として、「ボールの前のターフが取れるショットがいいショット」というのは覚えておいてくださいね。
まずはスイングのポイントを説明して理解してから、実際に練習をやってみましょう!

木村はい!お願いします!

アドレスからテークバック

時任プロまずはアドレスから。ドライバーなら、足を肩幅より少し開いて、ボールが体の中心より前に来るようにアドレスしますね。かなり左側にボールがあると思います。
アイアンの場合は、番手にもよりますが、ショートアイアンなら足は肩幅くらい、ボールは体の中心より若干前(左側)といった感じですね。

木村そうでしたね!ついついクラブ上げすぎちゃうなあ(汗)

時任プロ更に、「右ひじの角度」と「テークバックの方向」「クラブフェイスの向き」を意識しましょう。

右ひじの角度

時任プロ右ひじは肩より上に上がらないように。ワキをしめる感じです。
ワキをあけてしまうと、クラブが早く回ってしまうので、ダフリの原因になります。

木村ワキの開き具合を意識すると、自然とひじの位置も肩より下になりますね!


○右ひじが肩より下


×右ひじが肩より上

テークバックの方向

時任プロテークバックの方向は、シャフトが自分を中心に円を描くような軌道上にします。
無理に上にあげるようにしてしまうと、テークバックのときにクラブヘッドが通った軌道と、ダウンスイングのときにクラブヘッドが通る軌道が変わってしまって、うまくボールに当たりません。
コンパクトに振ることで、こういうミスも減ります。

クラブフェイスの向き

時任プロクラブフェイスは、「開いている」状態ですね。右ひじの角度がしっかりできていれば、自然にこういう状態になります。

木村「テークバックをコンパクトに」ってまず意識すると、やりやすい気がします!

ダウンスイング、インパクト

時任プロスイングは、全身を使って振ります。左肩から腰、腕を引っ張って振るイメージです。

時任プロダウンスイングの最中は、グリップエンドがお腹をさすような向きを保って振ります。こうすることで体の軸を中心にしてスイングすることができます。

木村なるほど、こうすればひじが早くまわってくることも防げますね。あ、ポイントがそれぞれ連動してます!

時任プロでしょう(笑)
ちょっと補足しますと、シャンクに悩む方は多いですが、原因のひとつは「腕のY字が保てていない」ことなんです。今のスイングだと、腕のY字を保てるので、シャンクが減るはずです。グリップエンドの向き・位置を意識しましょう。

ボールより前のターフを取る ショットの感覚を身に付ける

時任プロ砂場などの地面を削っても大丈夫なところで、インパクトの感覚をつかみましょう。
ボールの前にラインを引きましょう。このラインより前の地面がえぐれるようにスイングしてみてください。バンカーのような砂場なら、跡がついてよくわかります。

木村うーん、難しいなあ・・・

時任プロとにかく振って、打ってみるといいですよ(笑)打感は大切ですから、狭い場所で練習するときなどは、発泡スチロール製のボールを使って練習するのもおすすめですよ。
他には、片手でスイングしてポイントを意識してみるのもいい方法です。

片手でスイングして、ポイントをつかむ

木村どちらの腕でやるんですか?

時任プロ左右両方です。それぞれ感じられるポイントが違うんですよ。

右手でスイング

左手でスイング

時任プロ右手でスイングするときは、右ひじの角度、クラブフェイスの向きを意識しましょう。
左手でスイングするときは、肩から腰へ、さらに腕に順番に力がかかることを意識しましょう。また、グリップエンドの位置がお腹を指すような位置にくるか、注意して振ってみましょう。

今回のまとめ

  • 「右ひじの位置」「テークバックの方向」「クラブフェイスの向き」「グリップエンドの方向」を意識する
  • 上記のポイントが連動していいスイングになる
  • ボールの前にラインをを引き、そのラインより前でクラブが地面に触れるようなスイングの練習をする
  • 片手でスイングすることで、各ポイントを意識できる

木村わたしもゴルフ部でいろいろと練習してきたつもりだったんですけど、今日は本当にすごく勉強になりました!

時任プロそうですか、それは良かった(笑)

木村お忙しいところ、どうもありがとうございました!