特別企画 みんなのギモン プロに聞いてきました! 第5回 アプローチの練習方法

特別企画 みんなのギモン プロに聞いてきました! 第5回 アプローチの練習方法


UPDATE:

ゴルフに関するみんなのギモンを、木村美耶がインタビュアーになって、時任宏治プロに聞いてきました。今回は、スコアアップに大きく関与する「アプローチ」について時任プロに質問!

みんなのギモン「アプローチの練習方法」

  • アプローチショットを安定させるには?
  • どんな練習方法が良いですか?

アプローチはスコアアップの重要なポイント

木村今回は「アプローチ」について質問です!ドライバーやアイアンショットに比べると地味なショットですが、スコアアップのためには一番重要なショットですよね。アプローチが安定しなくて困っている人に、アドバイスをお願いします。

時任プロさすが美耶ちゃん、アプローチの大切さをわかってるね。スコアアップを目指したいなら、アプローチの上達が一番なんだ。ドライバーはすごく気持ちよさそうに飛ばすのに、アプローチはイマイチ、という方は少なくないね。
じゃあまず、どんなショットが「いいアプローチショット」なのか、というところだね。

木村ふむふむ。基本的にはアイアンショットのコツと似ている感じじゃないかと思うんですが・・・

時任プロうんうん、いい線いってるよ。アプローチの場合、「狙った場所に球を落とす」ために、距離感や方向の感覚、そしてなによりも「安定感」が大切になってきます。
では、ポイントを理解しつつ、実際にやってみましょう!

木村はい!お願いします!

安定したアプローチショットのポイント

時任プロドライバーやアイアンショットは、「体幹から手首まで、体全体を使ってスイング」が基本でしたが、アプローチの場合は、腕から手首にかけては固定するイメージでスイングした方がいいんです。

木村えっ?そうなんですか?

時任プロスイングとは言うけど、どちらかというと「押し出す」感じですね。でも、「手で打つ」というのとはまた違うんですよ。さっそくやってみましょうか。

アドレス・テークバック

時任プロアドレスしたら、手首・肘は固定して、体幹(腰)を少しまわすような感じで少しだけテークバックします。ほんの少しでいいんです。飛ばすのが目的ではないですから。
アイアンショットと同様、テークバックを取りすぎると、腕が早く回ってしまって、ダフりやトップの原因になります。

ダウンスイング・インパクト

時任プロ手首を固定したまま、腕は「Yの字」を保ち、腰を中心に体を回してスイングします。
インパクトの後は、無理にクラブを上げる必要はありません。自然にすれば前に押し出すような形になります。

木村あ、ほんとだ!
なんだか、手首を動かさない分、安定して打てる気がします。

時任プロそうでしょう。動く場所を減らせば、パワーは落ちますがコントロールが上がるのは道理なんですよ。
「手打ち」でも上手に打つ方はもちろんいらっしゃいますが、体幹(腰)ほぼ一か所を使ってスイングするのと違って、手打ちの場合は左右の肩、肘、手首を使ってスイングするわけですから、安定したショットを打つのは難しいんです。

木村いわれてみれば、確かに!

時任プロこのスイングの感じをつかめれば、テークバックの量で距離をコントロールできるようになって、アプローチ成功率が格段に上がりますよ。

アプローチの練習方法

木村では、さきほどのような「安定したアプローチショット」ができるようになるには、どんな練習をしたらいいですか?

時任プロ要は「肘・手首を固定してスイングする」感覚を身に着ければいいんです。
こんな練習をするといいですよ。

① クラブを持って正面胸の高さまでクラブヘッドを持ち上げる。

② 肩・肘・手首を動かさず、腰だけを使って体を右にひねる

③ 同様に、左にひねる

木村ん?これだけですか?

時任プロそれだけです(笑)クラブヘッドを地面につけて、同じ動きをしてみてください。あ、もちろんボールを見て振ってくださいね。

木村あ!体幹がうまく回りますね!なんだかスイングが安定する感じです!

時任プロアプローチショットを打つときには、この感覚を忘れないでください。

今回のまとめ

  • アプローチは、安定感が最も大事
  • 肘・手首を固定して打つことで安定感が出る
  • 「腰を使ってクラブを回す」練習方法

時任プロ感覚をつかんだら、あとはコースで実践あるのみですね。
ぜひ、試してみてください。

木村本日もお忙しいところ、ありがとうございました!